フリーランス

【WEBフリーランスのデメリット】フリーランサーになって個人的に大変だなと思ったこと

こんにちは!

フリーランスでWEB制作をしているくまミックスです。

現在私はフリーランス歴2年のWEBデザイナー・プログラマーをしています。

今回は、会社員時代に比べて、少し大変だったなと思ったことを書こうと思います。

 

フリーランスのデメリット

(1)仕事の時間と、プライベートの時間を分けるのが難しい

仕事の時間と、自分の時間が混同してしまって、真夜中まで仕事をするということが常態化してしまった時期がありました。

時間があると仕事をしなければという意識がどうしてもあり、その時は、休暇をとることに罪悪感を持ってしまっていました。

(SNSなんかを見てみると、世の中の他のフリーランスの人で、自分よりすごい人も頑張っている人も星の数ほどいて、自分は休んでも良いのか?という不安感がつきまとっていました ^ ^;)

 

ただ今は、時間を延々と使うだけが仕事ではないとできるだけ切り替えるようには意識しようと思っています。

 

(2)受諾だと、新しい仕事にチャレンジするのが難しい

たまに聞くのは、「フリーランスになると現在の能力の切り売り」になるということです。

確かに会社員時代の方がこちらにくる依頼が多種多様だった気がします。

そのため、会社員時代の方が新しいチャレンジをしやすいと言えるかもしれません。

 

ちなみに私が個人開発をしているのは、そのことも理由ではあります。

受諾で依頼されないなら、新しく自分で仕事を作ってしまおうと考えています。

 

 

(3)フィードバックをもらうのが難しい

私は、基本的に仕事をずっと一人でやっています。

会社員時代にいた同僚や上司、何か問題が出た時に話を聞いてもらうことも気軽にできないですし、

作成物に対して、意見を聞くことも難しいなと感じます。

ありがたいことに、今はフリーランス仲間も何人かいますが、こちらはあまり厳しい意見などは言い合えないかなとも感じています。

(仲悪くなっちゃうのも嫌ですしね…)

 

 

(4)運動不足で太った

これは完全に私が悪いのですが、太りました(^^;

完全に家から出ない日が多いので当たり前といえば当たり前です。

最近は散歩を少しずつ増やすようにしていますが、ダイエットが苦手なので、どうしようかなと思っています…

 

 

最後に

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

ABOUT ME
WEBクリ開発者
当ブログでは主にWeb制作・HTML・ CSS・SCSS・JavaScript・jQuery・Vue.js・Wordpress・個人開発情報の情報を発信。 WEBデザイナー・コーダー・プログラマー向けのサイトです。 また、個人開発のサービスやアプリのお知らせもさせていただいています。