学習方法

プログラミングの独学・勉強を継続するコツ

なかなかプログラミングが上達しない!

なかなかプログラミングの勉強が継続できない

 

こんにちは! フリーランスでWEB制作をしているくまミックスです。

今の時代、ネットには色々な情報が反乱しています。

そのたも、無料だったり、かなりお安くプログラミングを学習できる教材がどんどん出てきています。

でも、そんな中、なかなかプログラミングの勉強を継続できない! なかなか上達しないという方はいませんか?

今回は、プログラミングの独学歴9年ほどある私が、プログラミングの勉強する上で注意しているポイントを紹介していこうと思います。

本記事のテーマ

プログラミングの独学を継続するコツ

こんな人におすすめ

プログラミング勉強中の人

 

1年後のゴールを設定する

【最重要事項】1年後自分はどうなっていたいのか?

これは、最重要事項です。

これが分からないとそもそも何を勉強していいか分からない。色々と試して見たけれど、結局何をしたらいいのかが分からないので、今の状況と全く変わらないという事態が多いからです。

1年後にどうなっていたいかでロードマップは全然違ったものになってきます。

ちなみに10年後、30年後にどうしたらいい?ということは、私は何を勉強するかの目標には使っていません。

(例えば、10年後スーパーエンジニア になっていたいと思っても、目標も曖昧で結局何をしたいか分からない、数年後には違った目標になっている可能性が高いので…)

 

そして、目標を決めてから、何を勉強するかを決めます。

例えば、下記のような場合

WebサイトやWebアプリケーション開発をしてみたい

例えば、JavaScriptやそれらのフレームワークReact やVue.js。

Webアプリケーションに関しては他にも 色々な言語がありますよね。

スマホアプリを作りたい

ネイティブアプリですとiosの場合:Switch (mac xcode) 。 androidの場合:Kotlin / JAVA (Android Studio)。

また、ワンソースでスマホアプリを開発したいという方はFlutterやReact Nativeなど。

今話題の、AI/機械学習・統計やデータ分析などの仕事をしてみたい

今話題のPython。

全くの未経験から、会社に就職・転職して、WEB制作の仕事をしたい。という場合

これはプログラミングではあまりないかもしれないですが、個人的なおすすめは

① HTML / CSS ②WordPressの作成方法(既存のテーマでの作成) ③JavaScript(基礎だけでok) / jQuery (まずはざっと) ④ PHP (基礎) ⑤WordPressのカスタマイズ方法

人によっても②から先はおすすめの順番が違うかもしれないです。でも最初はざっくりと学びながら、色々とサイトを作ってみる。

 

他にも色々なおすすめ言語や、どんな会社・業界に入りたいかにもよるかもしれません。

ぜひ調べてみてください。

 

まずは勉強する言語を決めて、他の言語に目移りしない

目標が決めたあとは、他の言語に目移りせず、それだけをやる。

独学をする上に当たって、一番の相棒はGoogle先生です(断定)

世の中には色々な情報があり、色々な言語があるので、例えば1つの言語を勉強中に、他の言語もいいかな?と思ってしまいます。

例えば私ですと、AIのニュースをみたあと、Pythonが今後来るなら、勉強した方が良いのかな?という気持ちに結構頻繁になります。

それでもそういった時、パパッと、簡単に勉強したことで、1年後本当にそれだけをやっているイメージはつくでしょうか?

もし、すでにガッツリ、プログラミングでの開発ができており、AIの開発のアイデアとどのように開発すれば良いかが頭の中にあるようなスーパーエンジニア でしたら、やっても良いかもしれないです。

それでも私はそうではありません。

最初に設定した目標とそれに合わせた言語に注力する方が一番良い結果に繋がると、私は思っています。

 

基礎をざっと終わらせたら、プロダクト作りを優先する

例えば、書籍や動画を参考に、コードを写経するということはとても良い勉強方法になると思います。

それでも、それだけですと、見本のコードをただうつすだけになってしまいます。

おすすめなのは、基本をざっと終わらせたあと、「自分で何か企画をしてみる」→「何かエラーや困難にぶつかる」→「調べる」→「直す」をいうことを繰り返すことです。

それを繰り返すことで、基礎もどんどん身についていきます。

そのため、基礎を終わったあとは、プロダクトを最初は簡単でも良いので作ってみることをおすすめします。

 

挫折しないために、自分がテンションが上がるポイントを意識する

独学は基本的には孤独な作業です。

ただやっているだけでは誰も褒めてくれません。

そのため、自分が独学を継続していくため、何かやる気を出してくれるようなことを意識する必要があります。

例えば、作ったものを友達や家族に見せたり、Twitterにあげたり、独学仲間やメンターを見つけたり。

 

私は、結構人見知りのくせに、自分が作ったものを人に褒められたいという人間なので、何かしらのテンションが上がるポイントが必要なのです。

私は、自分のやる気や継続力は信じていません。

そのため、努力しなくても、できる! やりたい! と思うような環境作りがとても大切だと思っています。

 

私も今Webサービスの開発のために、Vue.js勉強中! 一緒に頑張りましょう!

以上です!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

もし良いと思っていただいたら、シェアしていただけるとありがたいです。

ABOUT ME
WEBクリ開発者
当ブログでは主にWeb制作・HTML・ CSS・SCSS・JavaScript・jQuery・Vue.js・Wordpress・個人開発情報の情報を発信。 WEBデザイナー・コーダー・プログラマー向けのサイトです。 また、個人開発のサービスやアプリのお知らせもさせていただいています。