フリーランス

開業前にチェック!フリーランスなる前に準備しておきたい12のことリスト

近年フリーランスの人口は増加傾向にあり、今後は副業をしたいという方も含め、個人で働くという選択肢をする方が増えると予測されています。

それにより、ひと昔よりもフリーランスに仕事を発注してくれる企業様なども増え、よりフリーランスが働きやすい環境が整っているように感じます。

そのため、今後はさらに身近にフリーランスで働くという選択肢が増えていくでしょう。

今回は、いざ開業する前に、必ずチェックをしておきたい「開業前にチェック!フリーランスなる前に準備しておきたいことリスト」を、現在WEB制作のフリーランスの実体験をもとに解説していきます。

 

フリーランスになる前に必ず準備しておきたいこと

1. クレジットカード契約

フリーランスは、クレジットカードやローンなどの審査が通りにくいと聞いたことはありませんか?

実際、会社員時代より収入が高くても、これらの審査が会社員時代よりもずっと厳しいというフリーランスは少なくありません。

ですが、フリーランスを続けるにあたって、クレジットカードは経費の支払いなどにとても便利です。

可能なら、生活費の支払いと事業用のクレジットカードは分けておいた方が良いこともあり、クレジットカードが今後作る予定があるのなら、会社員時代に契約を必ずしておいた方が良いです。

 

また、クレジットカードは利用限度額の上限の引き上げもフリーランスになると難しいため、現在クレジットカードを持っていても利用限度額が低い場合は念の為事前に引き上げをしておいた方が良いです。

 

2.不動産の賃貸契約やローンなどが必要な場合、事前に契約を

不動産の賃貸契約やローンなども、クレジットカード同様に審査が難しいと言われています。

毎月必ず給料が入る会社員と比べると、収入が安定しないと考えられてしまうことがあるからです。

フリーランスの多くは、月によって収入に差がある場合があると考えられる可能性があるということを覚えておきましょう。

※特に数年以内にそう言った予定がない場合は大丈夫です。

 

3.健康保険と年金の切り替え

雇用されていた時は会社がやっていてくれたため、個人事業主になったら自分で手続きしなければいけないのが「健康保険」と「年金」の切り替えです。

個人事業主が入れる健康保険にはいくつか種類もありますが、「国民健康保険」が一般的ではないでしょうか?

「国民健康保険」と「国民年金」は住んでいる市役所で手続きが可能です。

【フリーランス準備!】会社退職後の「国民健康保険」と「国民年金」の手続きの方法フリーランスになるために会社を退職した後、まずしなければいけないとこの一つは、健康保険と国民年金の手続きです。 今回は、いざフリー...

 

4.開業届・青色申告承認申請を提出

開業届とは、個人事業を開業したことを税務署に届る書類です。

こちらは事業を開始してから1ヶ月以内に提出が推奨されていますが、提出しなくても特に罰則などはないため、フリーランスでも提出していない人もいます。

ですが、青色申告で確定申告をする場合、「開業届」が必要です。

(確定申告には青色申告と白色申告がありますが、青色申告の方が税金面で優遇されており、青色申告の方が絶対にお得です。)

また、上記の理由から開業届と一緒に「青色申告承認申請」も税務署に届けましょう。

 

5.事業用の銀行口座の開設

フリーランスとして報酬を受け取る場合、多くが請求書を相手の会社に送り、契約書に書いてある銀行口座に振り込んでもらうことが多いです。

銀行口座は個人用の口座をそのまま使用することも可能ですが、確定申告の際に入金や出勤の記録を確認する際に、それがプライベートで使ったものなのか事業用の支払いかが後から分からなくなってしまい事業資金の流れがわかりづらくなってしまいます。

そのため、個人用と事業用の銀行口座は分けることをおすすめします。

 

6.パソコンやソフトなど仕事道具を用意する

例えばWEB制作のフリーランスの場合、パソコンや使用ソフトなどはどうしても必要になってきます。

今まで使っていたパソコンでスペックが良いものがあればそのまま使うことができますが、もし安物の場合は初期投資としてそれなりのパソコンを事前に準備しておいた方が良いかもしれません。

また、WEBデザイナーの場合は、Adobeなどのソフトはどうしても必要になるため、自分に必要なソフトの契約はしておいた方が良いでしょう。

 

WEB制作のフリーランスになる際にできればやっておきたいこと

1.ポートフォリオサイトや実績集を作る

ポートフォリオなど今までの実績を送付するサイトがあると、自分の実力を証明しやすく、相手も安心して仕事を依頼してくれます。

フリーランスになって思ったことは、知り合いや知り合いからの紹介で仕事が依頼されることが多いです。

その際に送付ができるようにポートフォリオサイトは、必ずポートフォリオサイトを作成しておきましょう。

 

2.人脈を増やす

上記でも書きましたが、私に仕事を依頼してくださる方々は、今までにあったことがある方やその方の紹介で連絡が来ることが多いです。

そのため、人脈を増やす、色々な人にフリーでWEB制作をやっていますと伝えることは必ず必要です。

 

3.名刺を作る

名刺なども事前に作っておいた方が良いです。

同業種の方などに会うと、名刺交換する機会というのはとても多いからです。

知り合った方に連絡先やポートフォリオなどをお知らせするのにも役立ちます。

まずは簡単な名刺でも作って持ち歩くようにしておきましょう。

 

4.貯金をしておく

フリーランスは特に最初のうちは特に収入が不安定です。

WEB制作の多くは納品後に入金ということが多いため、仕事の着手してから3ヶ月後にやっとお金が入ってくるということもあります。

そのため、最低でも最初の数ヶ月は入金がなくても生活が問題ないようにしておいた方が良いです。

 

5.見積書や請求書などを作れるようにしておく

フリーランスになると、見積書や請求書を自分で作成しなければいけません。

仕事の度にしなければいけないことなので、お客様から請求書などを送ってくださいと言われた際はパッとすぐに送れるようにしておきましょう。

無料で作成する場合は、ネットにエクセル等の雛形がありますので、そちらを利用しましょう。

 

また会計ソフトの「freee」などは見積書や請求書などが簡単に作ることができます。

会計ソフトは確定申告の際も便利なため、そういった会計ソフトを事前に契約しておいても良いかもしれません。

(私は現在、freeeから請求書などの書類を全て作成しています。)

 

6.ネット環境を整える

WEB制作においてネット環境はとても大事です。

家のネットスピードが問題ない場合は大丈夫ですが、ADSLやポケットwifiなどでネットを繋げている場合は必ず環境を早いものにした方が良いです。

仕事ができるスピードが全然違います。

 

最後に

いかがだったでしょうか?

フリーランスになると、何をどうすれば良いのかは自分で調べなくてはいけません。

そういった方の手助けになれば幸いです。

ABOUT ME
WEBクリ開発者
当ブログでは主にWeb制作・HTML・ CSS・SCSS・JavaScript・jQuery・Vue.js・Wordpress・個人開発情報の情報を発信。 WEBデザイナー・コーダー・プログラマー向けのサイトです。 また、個人開発のサービスやアプリのお知らせもさせていただいています。